HOME>Ninja250R 整備+カスタム

F-フォーク突出し量再調整

先週突出し量を調整したが(22mm程度⇒8mm)運転してみると・・・
コーナリング中の急な切れ込みがなくなり、車体は安定したが、
どうも、倒しにくい・・・キャスター角を変え過ぎた。
そこで、再度調整することにしました。

土曜の朝から何やってんだ???
用意するもの、
・ジャッキ
・ノギス
・8mm六角レンチ
・12mmソケット+ラチェット(トルクレンチがベスト)
・タオル2枚
・やる気・・・
まずは、ハンドルを取り外してから
d-P4030713.jpg
六角レンチとラチェットでフロントフォークを緩めます。
d-P4030714.jpg

サイドスタンドを立てたまま、ジャッキで車体を持ち上げながら調整します。
(ジャッキと車体あたる所には、あて布して傷が付かないようにし、カウルには、ジャッキが触れない様に注意)
d-P4030715.jpg
d-P4030716.jpg

今回の突出し量は12.0mmノギスで測りながらの設定
d-P4030717.jpg
ジャッキを上下しながら、F-フォークの突出し量を調整して、ボルト締め⇒ジャッキを降ろして増し締め



フロントフォークの突出し量調整によって大きく変わるもの
突出し量     伸ばす     < 標準 >  縮める
車体の倒しこみ  切込みやすい          切込みにくい
車体の安定性   安定しにくい          安定する
車体の沈み許容  少なくなる           多くなる
光軸(上下)   下になる            上になる
                               etc・・・

◎ここをいじるとバイクのバランスが変わってしまうため、自己責任でやってます。
整備マニュアルにそって、知識+技術のある方に依頼しましょう!!!
にほんブログ村 バイクブログ ハーレーダビッドソンへ
気が向いたらポチっと!!
かるぞう仕様車 かるぞうの部屋!!!

この記事のトラックバックURL

http://kalzo3.blog76.fc2.com/tb.php/138-b17054d8

コメント

コメントする

管理者にだけ表示を許可する

 

Template Designed by めもらんだむ RSS
special thanks: Sky Ruins DW99 : aqua_3cpl Customized Version】